• 文字サイズ

作業療法課 基本方針

  1. 患者さんの回復段階に応じて意味のある作業に焦点を当てた作業療法を提供します。
  2. 生活環境に応じた支援体制の構築に向け、連携・協働を推進します。
  3. 作業療法士として高い専門性を発揮し最善の支援が提供できるように研修会、学会等へ積極的に参加するなどし、自己研鑚に励みます。
  4. 作業療法実習生を積極的に受け入れ、後輩育成に努めます。精神科医療領域における作業療法の普及・発展を図ります。
  5. 公平な業務分担と作業療法士が相互に補い合えるよう体制となるよう作業療法課としての業務調整を行います。

作業療法課 行動計画

  1. 患者さんに合わせた作業療法の提供を、入院・外来・訪問にて、集団あるいは個別で行う。
  2. 院内・外においても他職種・他機関との連携・協働を図り、円滑な地域移行と地域定着を図る。
  3. 様々な患者様に合わせた作業療法が提供できるように、研修会・学会参加などを通して知識・技術の向上に励む。
  4. 作業療法実習生の受け入れや、作業療法士を対象とした研修会を開催し、精神科医療領域における作業療法の教育・普及・発展に努める。
  5. 班員同士が相互理解・相互扶助に努め、組織強化を図ることで作業療法課業務の効率化に励む。

作業療法とは

作業療法は、人々の健康と幸福を促進するために、医療、保健、福祉、教育、職業などの領域で行われる、作業に焦点を当てた治療、指導、援助である。作業とは、対象となる人々にとって目的や価値を持つ生活行為を指す。

日本作業療法士協会 作業療法の定義

精神科における作業療法とは

作業療法は医師の指示のもと作業療法士によって提供されるリハビリテーション技法のひとつとなります。

精神や身体に障害のある方に対し、本人の希望する、もしくは必要となる作業(生活行為)を通して、心身の基本的機能、保清や調理、仕事など応用的動作能力、対人関係や環境への適応など社会的生活能力の回復を図ります。

精神・身体・生活機能の評価を基に、本人の心身の基本的機能、応用的動作能力や社会適応能力をアセスメントし、必要となる作業の段階づけた計画を作成、ご本人と一緒に取り組んでいきます。

また直接的なことだけでなく、環境との相互作用にも着目し、調整や適応を援助します。