地方独立行政法人 岡山県精神科医療センター

地方独立行政法人 岡山県精神科医療センター

MENU

当センターの部門について 各部門のご紹介

看護部理念・基本方針

理 念

患者さんの尊厳を守り、
 セルフケア能力を高め、
  自己決定を支える看護を提供します

基本方針

  1. 患者さん一人ひとりの生きがいや自立性を尊重し、人としての尊厳を守ります。
  2. 安全な環境を提供し、患者さんの安全を守ります。
  3. 看護行為とその結果に責任を持ち、質の良い看護を提供します。
  4. 看護師としての自己啓発できる人材を育成します。
  5. 多職種との連携・協働しながら効果的なチーム医療を推進します。

看護部理念

看護部長からのメッセージ

◇看護師ひとり一人が『人くすり』◇

                                           看護部長 山田晶子

『患者さんの尊厳を守り、セルフケア能力を高め、自己決定を支える看護を提供します』を理念に、看護師一人ひとりが「人くすり」となり、患者さんのこれまでの困難や生きづらさ、強み、希望、その人らしい暮らし(人生)に寄り添い、「患者さん中心の看護」を提供し、またそれを実践できる人財を育成しています。 

そして、精神科救急医療に取り組む多職種チームの一員として、外来・入院医療にとどまらず、退院支援や地域移行支援を通して地域医療と連携した看護、地域医療における暮らしを支え自己実現に向けた看護に取り組み、やりがい、学び、感動を得ています。多忙で身体やこころのエネルギーをすり減らすこともありますが、みんなでサポートし合う職場風土もあります。

私たちはこれからも「その人らしく生きる」伴走者として、入院から地域まで切れ目なく「看護」のバトンを繋ぎ、「看護」で病院を選んでいただけるように努力を積み重ねてまいります。