地方独立行政法人 岡山県精神科医療センター

地方独立行政法人 岡山県精神科医療センター

MENU

当センターの部門について 各部門のご紹介

研究・調査に関するお知らせ

患者さんへのお知らせ

当院における臨床研究

当院では倫理審査委員会の承認を得て、以下の臨床研究を行っております。

《当院のみで行っている研究》
研究課題名 主任研究者
高速液体クロマトグラフィーを用いた血漿中クロザピン濃度の測定に関する研究 矢田勇慈
児童思春期の治療抵抗性統合失調症患者に対するクロザピン長期使用の有効性と安全性の検討 大重耕三
自己免疫性脳炎ならびに他の器質性脳疾患と精神疾患の関連性の研究 吉村文太
アリピプラゾール経口薬から持効性注射剤への切り替えによる患者、
家族の健康度や生活への影響についての研究
宋龍平
《他院が主管施設として行っている多施設共同研究への参加・協力》
研究課題名 主管施設
精神病性障害関連遺伝子の解析研究(クロザピン誘発性無顆粒球症予測に関する研究) 大阪大学
/藤田保健衛生大学
統合失調症ならびに双極性障害患者における糖脂質代謝障害と
抗精神病薬使用時の代謝能変化に関する研究(matSaB study)
北海道大学病院
初回エピソード精神病多施設ランダム化比較試験(J-CAP study) 東京大学
/東京都医学総合研究所
治療抵抗性または薬剤不耐性の大うつ病エピソード(単極性うつ病および双極性うつ病エピソード)に対する反復性経頭蓋脳磁気刺激法(rTMS)の実施可能性の検討および有効性と有害事象の予備的検討 岡山大学
精神障害者の重症度判定及び重症患者の治療体制等に関する研究
-精神科新規入院患者の在院長期化要因に関する前向き調査-
平成帝京大学
アルコール依存症に対する総合的な医療の提供に関する研究(H26-H28)
・アルコール依存症患者の生きづらさの多施設研究 ―信頼感とストレス対処能力―
久里浜医療センター
医療観察法における、新たな治療介入法や、
行動制御に係る指標の開発等に関する研究(H27-H29)
・治療抵抗性統合失調症に対する効果的かつ安全な治療法の確立に関する研究
・指定入院医療機関退院後の予後に影響を与える因子の同定に関する研究
国立精神・神経医療
研究センター
薬物使用に問題を持つ人に対するインターネットを介した認知行動療法プログラムの有効性に関するランダム化比較試験(e-SMARPP:Serigaya Methamphetamine Relapse Prevention Program) 東京大学大学院
青年期・成人期発達障害者の医療分野の支援・治療についての
現状把握と発達障害を対象としたデイケア(ショートケア)のプログラム開発
昭和大学
WHO世界戦略を踏まえたアルコールの有害使用対策に関する総合的研究(H25-H27) 久里浜医療センター
精神疾患患者に対する訪問薬剤指導実施の有効性について さわ病院
統合失調症維持期での抗精神病薬の2年間有用性研究:多施設ヒストリカルコホート研究 慈圭病院
多施設における継続的な行動制限・医療の質ベンチマーク調査
(精神科医療の質の評価と均てん化に関する研究)
国立精神・神経医療
研究センター