依存症治療拠点機関設置運営事業について

アルコール、薬物、ギャンブルなどの依存症は、適切な治療と支援により回復が十分可能な疾患である一方で、依存症の特性(否認や医療機関の不足など)から、依存症者が必要な治療を受けられてない状況にあります。

このため、岡山県は依存症の治療および回復支援を目的として、独立行政法人岡山県精神科医療センター依存症治療拠点機関として指定いたしました。

依存症治療拠点機関では、依存症に関する専門的な相談支援、関係機関(医療機関、自治体、自助団体など)や依存症者の家族との連携・調整などを試験的に実施しいたします。

別途国が定める依存症治療を専門に行う医療機関(全国拠点機関)は、上記の実施によって蓄積された知見を評価・検討し、依存症の治療・回復プログラムや支援ガイドラインの開発、また支援体制モデルの確立を行います。

実施モデルのイメージについては「依存症拠点機関設置運営事業について[PDF]」をご覧ください。