地方独立行政法人 岡山県精神科医療センター

地方独立行政法人 岡山県精神科医療センター

MENU

当センターの部門について 各部門のご紹介

理念・基本方針・組織図

リハビリ部とは

病院のリハビリテーションを担う部門として、リハビリ課(作業療法班・デイケア班・心理臨床班)では、「他職種からなるチームによるケア」と「機動性」を特徴に、総合的かつ多面的にリハビリテーションを実施しています。

理念

私たちは多職種チームの連携・協働によるリハビリテーション活動を展開し、患者さんの尊厳の回復を図ります。

基本方針

  1. 患者さんの健康的側面を生かしつつ回復を促進し、社会の一員として参加できるようになることを援助します。
  2. 患者さんがより質の高い主体的かつ安定した生活を送れるよう身体的、社会的、経済的な側面から援助します。
  3. 院内他部門と連携、協働しながら早期リハビリに取り組みます。
  4. 専門職としての知識、技術の向上のため研修、学会等に積極的に参加し、キャリアを深めます。
    また、学んだ情報については部内で共有を図ります。
  5. 教育・研修施設としての機能を発揮します。

目標

  1. 作業療法班・デイケア班・心理臨床班相互の連携によるリハビリ機能の向上を目指します。
  2. 入院早期からリハビリが開始できるよう準備を始めるとともに、多職種連携の中でニューロングステイ予防に努めます。
  3. 入院が長期となった患者さまの退院に向けての準備及び退院後の支援を部内連携、他部門、他機関連携により実践します。
  4. 早期退院後の外来支援、長期在院者の退院後の外来支援機能として資することができるように外来作業療法及びデイケアの整備再編を継続します。
  5. 職員個々の専門性を発揮するために、研修会、学会等へ自発的に参加し、実践に生かすという姿勢を評価します。
  6. 臨床実習施設として後輩育成に積極的に取り組むとともに、有能な人材発掘に努めます。

組織

リハビリ部 組織図

リハビリ部組織図

作業療法班

入院患者さん及び通院患者さんの生活に視点を置き、健康な部分を生かすことによりその人自身の回復を促進し主体的な生活を送れるよう作業療法士は、医師・看護師・精神保健福祉士・臨床心理技術者をはじめ、必要に応じて他の医療機関と連携しながらリハビリテーションを組み立て支援します。精神科作業療法施設(アクティセンター)では、様々な活動を通して楽しみながら、くつろいだ雰囲気の中で交流を図れる工夫や場作りを行っています。個別ケアや小グループ活動を通して、自己表現活動や仲間作りを行う関わりや、院内外でのレクリエーション活動、退院準備や退院後の安定した生活にむけて外出・訪問による支援を行っています。

デイケア班

外来医療の一環としてデイケアセンターにおいてケアを行っています。患者さんにとってスタッフが精神的な支えとなり、安心して過ごせる場所を提供するだけでなく、安定した生活の基盤を築く援助を行い、自立を目指しています。そのためにアパートなどの訪問活動も実施。一方で、社会参加、社会復帰に向けて健康な部分を伸ばし体験を積み重ね、対人関係の改善を図るための種々のプログラムを実施し、より豊かな社会生活を送るための活動を行っています。当センターには大規模精神科デイケアとショートケアがあります。

心理臨床班

平成19年度にリハビリ部門の再編成が行われ、臨床心理技術者による心理臨床班が立ち上がりました。現在、17名の臨床心理技術者が所属しております。医療観察法入院棟、児童思春期入院棟、依存症病棟など専属として配置されている病棟での業務、外来での心理検査や心理面接などを担っているのは従来通りです。心理臨床班のなかだけではなく、他の部署や他職種と共同して様々なニーズに応じた治療プログラムの運営や実施をしています。

さらに平成24年度からは臨床心理技術者個々のスキルを有効に機能させていくために、新たにチーム制を導入しました。(司法チーム、PDDチーム、児童思春期チーム、アディクションチーム、治療プログラム開発チーム)臨床心理技術者としての専門性をどのように治療に活かしていくかを、それぞれのチームや心理臨床班のなかで検討し、新たな展開の可能性を探っています。

毎年、臨床心理士養成に関する指定大学院からの実習生も受け入れ、臨床心理業務を行う専門職養成機関としての機能も担っています。