地方独立行政法人 岡山県精神科医療センター

地方独立行政法人 岡山県精神科医療センター

MENU

受診・入院される方へ受診案内

アルコール依存症

アルコール依存症について

「酒は百薬の長」や「飲みニケーション」という言葉があるように、お酒は私たちの生活と深い結びつきがあります。

しかしアルコール依存症という病気になると、ほどほどで止めておこうと思っていても、ついつい酔いつぶれるまで飲んでしまったり、他人に自分の飲酒を非難されて腹が立ったりします。

このような場合、早期に診断を受けて、必要な治療や援助を受けることが大切です。

当センターでは、アルコール依存症の方への外来通院や入院治療を行っています。

外来通院では、医師による診察、多職種によるカウンセリングと共に、自助グループ(断酒会やAAなど)への橋渡しを行っています。また外来へ通院しながら、下記の「アディクション・リカバリー・プログラム」を受けることも可能です。

入院治療では、「解毒(お酒を体から抜くこと)」から始まり、「アディクション・リカバリー・プログラム(お酒をやめるためのプログラム)」を行っています。

アルコール関連疾患治療プログラム

お酒を体から抜くためのプログラム
入院期間:1~2週間

自分一人ではお酒をやめられない、連続飲酒でお困りの方のためのプログラムです。

お酒が体から抜ける時、イライラしたり、汗をかいたり、手が震えたり、無いものが見えたりすることがあります。このような症状が出来るだけ起きないように、安全に体からお酒を抜くためのプログラムです。

体からお酒が抜けたあと、下記の「アディクション・リカバリー・プログラム」を受けることも可能です。

「アディクション・リカバリー・プログラム(お酒をやめるためのプログラム)」

PDFダウンロードはこちらから→【アディクション・リカバリー・プログラムPDF】

【1】標準プログラム

入院期間:8週間

「お酒をやめたい・やめたほうがよさそうだ」もしくは「お酒について何とかしないといけない」という思いのある方のための治療プログラムです。

8週間の間に、アルコール依存症に関する知識と回復の方法を学びます。また、今までの人生を振り返りつつ、退院後の新しい生活を、ご本人、ご家族、病院スタッフで一緒に考える機会を作っています。そして退院してからもお酒をやめていくために、ご本人には外来通院及び自助グループへの参加を、ご家族には家族教室及び自助グループへの参加をおすすめしています。

 

【2】個別プログラム

入院期間:4週間

仕事や家庭の事情などで「8週間の入院はちょっと・・・」と言われる方に、入院可能な期間でお酒について考えていただくプログラムです。

規則正しい生活で体の調子も良くなり、気にしていた肝機能の改善も期待できます。退院後は【1】標準プログラム受講の方と同様に、ご本人には外来通院及び自助グループへの参加を、ご家族には家族教室及び自助グループへの参加をおすすめしています。

断酒例会のご案内

断酒会とは・・・?

「お酒の問題を何とかしたい」という思いを持って例会に参加している方が、自らの体験を発表し、また他の参加者の体験を聞くことを通して、一日一日お酒をやめ続けることを目標に開かれている自助グループの会です。

当センター主催の断酒例会
「火曜会」 - 毎週火曜日18:00~19:00
地域自助グループによる断酒例会

☆NPO法人おかやまたけのこ会主催☆

毎週月曜日13:45~15:15

☆NPO法人岡山断酒新生会主催☆

毎週木曜日 13:45~15:15

アルコール依存症治療のご案内

アルコール依存症治療に関する、より詳しい情報につきましては、下記PDFをご覧ください。

アルコール依存症治療のご案内(PDF)

 

サムネイル_アルコール依存症治療のご案内_ページ_1
?

アルコール依存症からの回復のためのホームページリンク集

◆「NPO法人岡山断酒新生会」のホームページ

http://www2.bbweb-arena.com/ods/

 

◆「NPO法人おかやまたけのこ会」のホームページ

http://www.danshu.org/

 

◆岡山県依存症治療拠点機関のホームページ

依存症治療拠点機関設置運営事業について

 

◆「アル法ネット(アルコール健康障害対策基本法推進ネットワーク)」のホームページ

http://alhonet.jp/

 

◆「eヘルスネット(厚生労働省)」の飲酒に関するホームページ

https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/alcohol

 

◆「みんなのメンタルヘルス(厚生労働省)」のアルコール依存症に関するホームページ

http://www.mhlw.go.jp/kokoro/know/disease_alcohol.html

 

◆カードゲーム型依存症治療ツール「ARASHI(アラーシー)」(厚生労働科学研究にて作成)に関するホームページ

アラーシー;(Addiction Relapse prevention by Amusement-like Skill-up tool for Help-seeking Innovation)のカードと取扱説明書を無料でダウンロードできる。

カード:http://www.pref.mie.lg.jp/common/content/000721618.pdf

取扱説明書:http://www.pref.mie.lg.jp/common/content/000721619.pdf

なお、本ツールをグループ療法(集団治療)として使用する場合のグループ療法マニュアルもあるので、所属機関名、責任者のお名前、住所、電話番号、メールアドレスを記載して、arashi.group.therapy@gmail.comまで、「グループ療法マニュアル希望」とタイトルに入れて、メールにてお問い合わせください。

 

◆「市民のためのお酒とアルコール依存症を理解するためのガイドライン」(厚生労働科学研究にて作成)に関するホームページ

http://www.pref.mie.lg.jp/common/content/000646195.pdf

 

◆「飲酒チェックツールSNAPPY-CAT」のホームページ

自らのお酒の飲み方について、約3分間で振り返りができます。また自らの飲酒量を簡単に調べることができます。

https://www.udb.jp/snappy_test/